【効果的に痩せる】運動しても痩せない人の原因と適切な対策

ジョギングをしたり、水泳をしたり、エアロバイクを漕ぐ、でもがむしゃらに運動をしても、結果的に痩せる身体になれない可能性があります。ではどうしたら痩せるのでしょうか?その疑問と対策について解説しています。
MENU

運動効率を上げて痩せるために必要なこと

体型を気にして痩せたいと思っている人は多いです、その理由は人様々ですが、運動すれば痩せていくと考えて、とりあえず運動を行っている…という方もいるかと思います。
もちろん、運動する事は大切です。
ですが、そうした運動を行っていても、『おかしい…。
運動をしているのに痩せない』と悩みに陥っている方も実は少なくありません。私もです。
私の場合はジョギングでしたが、水泳をしたり、エアロバイクを無心で漕いだり…このような運動は有酸素運動といいますが、有酸素運動をしても全く痩せないというのです。

 

もちろん、こうした運動というのは、痩せる身体を作っていく為にはとても大切な事です。
ですが、痩せたいと気持ちが焦ってしまってがむしゃらに運動をしても、結果的に痩せる身体になれない可能性があります。(汗)

 

痩せる為には、正しい順番を通ってこそ、結果として伴っていくものなんですよね。
ですが、運動しても痩せないという人には、共通している間違った行動・陥りやすい落とし穴にハマっている事が多いのです。

 

そこでここでは、運動をしながら、痩せていくために必要な正しい知識をご紹介していきたいと思います。

 

一度自分の生活や、トレーニング方法を振り返ってみて、自分の行っている事が有効なのか、落とし穴に陥っているのかどうかをチェックしてみて下さいね。

 

効果的な方法へと変えていくだけで、”体脂肪が全然減っていかない””有酸素運動をして、こんなに頑張っているのに”と悩んでいた事が、スムーズに減量して、健康的にシェイプアップしていく事ができますので、是非、見直してみましょう。

 

筋トレを行わずに有酸素運動だけに集中しているデメリット

早く体重を落としたいと、ダイエット中や肉体改造を行っている時には、どうしても気持ちが焦ってしまって有酸素運動を中心とした内容を行ってしまう人がいます。

 

有酸素運動は初めは良いですが、段々と日が経つと、同じ動作の繰り返しで退屈してしまう事が多いもの。
しかも、そんな退屈な中頑張って続けていても、実はあまりカロリーを消費していないという、悲しい事実があるのです。

 

体脂肪を落として痩せていく為に必要な事は何か。有酸素運動と共に大切な事が筋トレです。

 

筋トレを行っていく事によって、身体の中に筋肉ができていきます。
この筋肉がある事で、人は基礎代謝が上がっていきます。
この基礎代謝が上がると、どのような効果があるのか、それが、身体の中にある脂肪を分解して代謝をあげてくれるという事なのです。

 

つまり、痩せる為に必要な事は、身体の中にある脂肪を落としていく事が必要不可欠です。
その脂肪を落としていく為に必要な事は、カロリーを消費する=脂肪を燃焼する”有酸素運動”と共に、脂肪を分解して代謝をあげていく”筋トレ”が必要という事になります。

 

40代以降になると、中年太りという言葉をよく聞くようになるかと思います。
それは、年齢を重ねていくと段々と基礎代謝が下がっていく為に、体型が変化し、今まで消費できていたカロリーが消費できなくなった事で、脂肪がどんどんと体内に溜まっていく為に起こる、肉体変化なのです。

 

食べる量も変わらないのに、どんどんふっくらとしてきたという人は、一度基礎代謝を見直してみましょう。

このページの先頭へ